【2019年最新】登山で使えるおすすめスマートウォッチ5選

スマートウォッチは様々な使い方に特化したモデルがあります。中でも「登山」に特化したモデルも販売されており、「GPS時計」や「アウトドアウォッチ」などと呼ばれております。
今回は人気の高い「登山に特化したスマートウォッチ」をまとめてみました!

登山用のスマートウォッチに必要な機能とは?

登山に使える「登山用」「アウトドア」「GPS時計」などと呼ばれているスマートウォッチは、登山に役立つ機能が搭載されております。もちろん必要な機能は人によって違うので、自分が求めている機能が対応しているかどうかが重要になります。

登山に役立つスマートウォッチの対応機能をいくつかまとめておきます。

GPS

GPS機能は登山用に買うのであればマストの機能でしょう。
常に電波受信のためにバッテリーが消耗するので、長時間の登山にはバッテリー容量が多いモデルやバッテリー持ちの良いモデルを選ぶ必要があります。普通のスマートウォッチでGPS機能が搭載されている場合よりも、登山・アウトドアに向けたモデルの方がバッテリー持ちが良い傾向にあります。今回はそういった特化モデルをピックアップするので、基本的にバッテリー持ちには優れたモデルばかり登場します。

圧力(気圧/高度)センサー

高度計や気圧センサーの搭載も必須かもしれません。こちらが搭載されているモデルでは、どこまで登ったのかを割り出してくれるので非常に便利です。気圧センサーを利用するので天候の影響をモロに受けるので、突然気圧が変わると計測にズレが出てしまいます。

デジタルコンパス・方位磁気センサー

こちらも登山ではマストのアイテムで、対応したスマートウォッチも販売されております。方向が分かるので遭難のリスクを減らしてくれますし、場合によってはコースの確認なんかにも使えます。

移動距離・歩数計機能

移動距離や歩数を測ることも可能です。こちらはフィットネス系のモデルも多数対応しており、登山用のスマートウォッチ以外でも人気の機能です。

心拍センサー

心拍センサーを使えば消費カロリーなどの計算もしてくれます。こちらもどちらかと言えばフィットネス系のモデルで人気の機能ですが、登山中のデータが保存されるので出来れば欲しい機能ですね。

防水

登山だけでなくどんな使い用途であっても、防水は出来れば対応してほしい機能です。

耐衝撃

米国防総省が制定した米軍の物資調達規格MIL-STD-810G(通称MIL規格)をクリアすることが、「耐衝撃性能」「タフネス」の証明となります。アウトドアシーンで使うのであれば是非対応して欲しい機能の一つではありますね。

登山で使えるおすすめスマートウォッチ

そんな様々な機能に対応した登山特化のおすすめスマートウォッチをピックアップしてみました!

Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F20

メーカー カシオ
発売時期 2017年春
サイズ 61.7×57.7×15.3mm/92g
主な機能 加速度センサー
ジャイロセンサー
GPS
圧力(気圧/高度)センサー
方位(磁気)センサー
歩数計機能
5気圧防水
MIL規格
参考価格 51,000円(WSD-F20)
こちらはカシオのスマートウォッチ「Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F20」です。アウトドアシーンで役立つ防水性と堅牢な耐環境性能を持つスマートウォッチ。低消費電力GPSやオフラインで使えるカラー地図を備えアクティビティをサポートとのことで、何よりもアウトドアに向いたプロ仕様モデル。プロダクトアワード2017の金賞を受賞しており、デザインは賛否わかれるかもしれませんが、好みの方にはオススメです。登山用のモデルをお探しなのであれば一番の候補に挙がるスマートウォッチです。

WristableGPS for Trek MZ-500

メーカー エプソン
発売時期 2016年夏
サイズ 幅47mmx厚み17.6mm/67g
主な機能 加速度センサー
デジタルコンパス
GPS
気圧センサー
温度センサー
消費カロリー
移動距離
歩数計機能
10気圧(100m)防水
参考価格 40,000円~50,000円前後
こちらはエプソンのスマートウォッチ「WristableGPS for Trek MZ-500」です。
公式サイトによると「GPS搭載、GPSトレッキングギア搭載」「現在地の情報を把握し、山行軌跡を記録」「事前にトレッキング計画を作成して機器へ書き込みし、そのルートをナビゲーションする機能」「機器に取り込んだトレッキング計画を、ナビゲーションとしてご利用」「高級感、タフさ、個性。普段使いにもうれしい新デザインモデル」などが特徴として取り上げられており、登山に特化したスマートウォッチとなります。
残念ながら2016年夏モデルなので、数がかなり少ないです。高いところだと5万円以上で販売されています。

Traverse Alpha

メーカー スント
発売時期 2017年夏
サイズ 50x50x16.5mm/82g
主な機能 加速度センサー
デジタルコンパス
GPS
高度計
消費カロリー
移動距離
歩数計機能
耐水設計:100m(ISO6425準拠)
MIL規格
参考価格 60,480円
こちらはスントのスマートウォッチ「Suunto Traverse Alpha」です。
「多彩なアウトドア機能に加え、北米国防総省が定める環境耐性テストをクリアしたミルスペックGPSウォッチ」とのことで、登山やフィッシング用に開発されたモデルです。

Fenix 5X

メーカー ガーミン
発売時期 2017年夏
サイズ 51x51x17.5mm/98g
主な機能 加速度センサー
ジャイロセンサー
デジタルコンパス
GPS
気圧高度計
心拍センサー
消費カロリー
睡眠
移動距離
歩数計機能
防水性能:100m
参考価格 99,800円
こちらはガーミンのスマートウォッチ「fenix 5X」です。
ガーミンのマルチスポーツGPSウォッチは普段使いからアウトドアシーンまで全てで使えるマルチ機能を搭載しております。こちらの5Xはフルカラーの地図アプリに対応したモデルで、価格が他のモデルよりも高くなっております。しかしその分高性能ですし、レビュー評価もかなり高いのでオススメのモデルです。

HUAWEI WATCH GT

メーカー HUAWEI
発売時期 2018年冬
サイズ 46.5×54.2×10.6mm/46g
主な機能 加速度センサー
ジャイロセンサー
デジタルコンパス
GPS
環境光センサー
気圧センサー
高度計
心拍センサー
消費カロリー
睡眠
移動距離
歩数計機能
5ATM(5気圧防水)
参考価格 スポーツモデル:24,880円
クラシックモデル:25,880円
こちらはHUAWEIのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」です。スポーツモデルとクラシックモデルに分かれており、好みのタイプを選ぶことが出来ます。
高精細AMOLEDディスプレイの搭載や業界初のデュアルエンジン低消費電力システムの採用が特徴的なスマートウォッチです。登山用と言うわけではありませんが、対応機能も多いですし、デザイン性の高さから普段使いでもオススメのモデルです。

まとめ

登山に特化したスマートウォッチはかなり高価格なモデルが多いです。今回取り上げたはじめの4モデルもそれなりの値段となっております。高精度なGPSや地図アプリを搭載したモデルは特殊な機能なだけにコストがかかってしまいます。

そして最後に紹介したHUAWEI Watch GTのようなスタンダードなスマートウォッチを購入する選択肢もあります。もちろん登山用に開発されたモデルより、GPSや地図アプリの性能は劣るかもしれませんが、低予算でも購入出来るのでオススメ。

とは言えやはり本格的な登山を行うのであれば、特化した4モデルの中から選ぶことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。