【2019年最新】ビジネスシーン・スーツに合うスマートウォッチ

  • 腕時計の代わりにスマートウォッチを使いたい
  • ビジネスシーンでもスマートウォッチを付けたい

スマートウォッチの知名度が上がった昨今では、そんな悩みを抱えている方もいるはずです。今回はスーツ姿でも違和感なく着用することが出来るスマートウォッチを紹介します!

スーツに合う腕時計の条件は?


そもそもビジネスシーンで使う腕時計はどういったタイプがセオリーなのかを知っておきましょう。

アナログ表示

基本はアナログ表示に3針のタイプが人気です。デジタル表示のタイプはカジュアルに見えてしまうので、ビジネスシーンではNG。

シンプルな文字盤

文字盤はシンプルなデザインで単色が好まれます。主にホワイト・ブラック・ネイビーの3色で、形は丸型が人気です。

ベルト(ストラップ)は黒レザーが人気

ストラップ部分に関してはレザー素材かステンレス素材がセオリーですが、黒のレザー(革)が人気です。普段着ているスーツの色に合わせるのも良いと思います。

スーツにNGな腕時計の条件とは?


逆に全く合わないNG条件も知っておきましょう。NGとして紹介するようなタイプはビジネスパートナーにも不信感を与えてしまいます。絶対に避けましょう。

派手すぎる

派手な腕時計はビジネスシーンではNG。もちろんプライベートや、少しカジュアルなシーンであれば問題ありません。ド派手な高級時計が好きな方は上手く使い分けましょう。

独特・奇抜すぎる

ビジネスパートナーや上司が見て違和感を感じてしまうような製品はNGです。控えめでも格好良いデザインはたくさんあるので、そういったモデルの中から選びましょう。

ビジネスシーンでスマートウォッチを使うときの注意点

ビジネスシーン・スーツ着用時にスマートウォッチを使う場合、袖口に引っかかる可能性があります。厚みのあるスマートウォッチを使いたいと言う方は前もってチェックしておきましょう。ちなみにシャツの専門店なんかでは腕時計をする用のシャツが販売されているので、もし厚みのあるスマートウォッチを使いたいと言う方はシャツ側で対処することも可能です。

スーツ着用時におすすめのスマートウォッチ

そんな腕時計の条件や注意点をふまえて、おすすめ出来るスマートウォッチをいくつかピックアップしてみました。

フォッシル

こちらは「フォッシル」のハイブリットウォッチです。フォッシルではスマートウォッチとハイブリットウォッチが販売されており、ハイブリットウォッチはメンズ向けのデザインだけでなくレディース向けのデザインが多く販売されております。基本的にしっかりとしたデザインが多いので、ビジネスシーンに合うモデルがいくつかあります。
価格は2万~3万円辺りが多いでしょうか。

エンポリオアルマーニ

こちらはお馴染み「エンポリオ・アルマーニ」のハイブリッドスマートウォッチです。公式サイトでは完売になっているのでネットモールでの購入が基本となります。アルマーニは若者に向けたブランド展開もしているので、人によってはパリピ感を感じてしまう場合もあります。しかし元来はイタリアの高級スーツを造っている高級ブランドです。もちろんモデルによってはスーツに合います。
価格は3万~4万円辺りが多いです。

フレデリックコンスタント

こちらはスイスの時計メーカー「フレデリックコンスタント」です。HOROLOGICAL SMARTWATCHと言う名称で、スマートウォッチを販売しております。
デザイン性が非常に高く、スマートウォッチとしても人気の高い製品となっており、スーツとの相性は抜群です。欠点はどのモデルもかなり高価格なところです。
価格は12万~17万円辺りです。

アップルウォッチ

IT関係の職場であれば、アップルウォッチも許容されるかもしれません。なんと言ってもiPhoneユーザーの数が多いので、アップルウォッチを使いたいと言う方が多いはずです。はっきり言ってスーツには合わないですが、意外と違和感なく使うことが出来ます。と言うのも筆者がサラリーマンの時代に上司がアップルウォッチを付けていて、実際に違和感を感じなかったからです。
価格は4万~7万円辺りです。

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。