スマートウォッチでSuicaは使える?対応モデルと対応予定のモデル



Suicaに対応しているスマートウォッチがあれば、とても便利ですね。

改札でスマートウォッチをかざすだけで通れるわけですから。

今回はそんなSuicaに対応したスマートウォッチ、及び対応予定のスマートウォッチをまとめてみました。

  • Suicaが使えるスマートウォッチをお探しの方
  • Suica対応予定のスマートウォッチをお探しの方

このような方は是非最後までお付き合いください!

Suica対応のスマートウォッチ

結論から言えば、国内で正式にSuicaに対応しているスマートウォッチは1種類だけです。(2019年夏時点)
それはお馴染みアップル社の「Apple Watch」シリーズです。

アップルウォッチは正式にSuicaに対応しており、改札でタッチして使うことが出来ます。シリーズの中でSuicaに対応しているモデルは以下の通り。

  • Apple Watch Series 2(国内版)
  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 4

初代アップルウォッチやSeries 1は非対応となっております。

中でもオススメは最新「Apple Watch Series 4」です。非常に高性能で、デザイン性も高く、レビュー評価も高いモデルとなっております。

アップルウォッチの注意点:
ほとんどの方はお分かりだと思いますが、アップルウォッチはiPhoneしか連携することが出来ません。アップルウォッチのSuica利用はApple Pay経由なのですが、Apple Payを利用するためにはiPhoneが必要なのです。

残念ながらAndroidユーザーはアップルウォッチでSuicaを利用することが出来ません。Androidユーザーの方は別のスマートウォッチを用意する必要があります。

Suica対応予定のスマートウォッチ

Androidユーザーは、Androidのスマートウォッチを選ばないといけないワケですが、残念ながらAndroidスマートウォッチで正式にSuica対応しているモデルはありません。
2019年夏時点の情報ですが、既に国内で対応していると言うモデルは存在しません。しかしいくつかのメーカーでは今後対応していく事を明言しているので、そちらをまとめておきました。

FOSSIL


FOSSILのスマートウォッチの”利用可能な機能”を見ると、Google Payの対応が記載されております。Google PayはSuicaを含んだいくつかの電子マネー決済に対応したサービスです。昔は「対応予定」と記載されていましたが、最近の端末では対応してあるかのように記載されています。サポートにお問い合わせしてみたところ「対応予定」とのことで、月日も未定とのことでした。対応予定のモデルは以下の通り。

  • Explorist HR(GEN.4)
  • Venture HR(GEN.4)
  • FOSSILスポーツスマートウォッチ

DIESEL


ディーゼルのスマートウォッチでも上記のような記載があります。海外では対応済なので、国内で今後対応することを期待しておきましょう。

その他メーカー

スペックページには記載されていないものの「HUAWEI」「SKAGEN」「MICHAEL KORS」などの有名メーカーも、Google Payやおサイフケータイの対応予定を明言しています。どう考えてもGoogle Payの機能が搭載された方がスマートウォッチの人気が出ると思うので、どのメーカーも実装できる環境になれば積極的に取り入れていくはずです。今後の対応に期待です。

まとめ

SuicaがAndroidスマートウォッチで使えるようになるには、Google Payの実装が必要です。各メーカーのスマートウォッチでは既にGoogle Payの実装予定が記載されているので、今後対応していくことを期待して待ちましょう。
Androidユーザーには残念ですが、現時点でSuicaを利用するにはアップルウォッチ以外ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。