スマートウォッチは寝るとき外した方が良いのか?

「スマートウォッチは付けたまま寝ても良いのか?」
「寝るときは外した方が良いのか?」

このような疑問が頭に浮かんだ人のために、本記事ではスマートウォッチを付けたまま寝ても問題ないのかを調べてみました。

寝るときのスマートウォッチ

結論から言えば、スマートウォッチは寝るときに外さなくても大丈夫です。
しかし筆者は寝るときスマートウォッチを必ず外しています。

外さなくても大丈夫な理由筆者が必ず外している理由の両論を解説していきます。

寝るときにスマートウォッチを外さない理由

スマートウォッチを外さなくても良い理由

スマートウォッチを外さなくても良い理由は、スマートウォッチのある機能が関係します。その機能とは「睡眠計測」です。

スマートウォッチ・スマートバンドには睡眠の質を計測する機能が備わったモデルがあります。睡眠中にスマートウォッチのセンサーが、レム睡眠や心拍数のデータを記録してくれます。スマートウォッチの睡眠計測は、何らかの病気の疑いがある方や不眠に悩まされている方、日々の睡眠の質を向上させたいと言う方に重宝します。

こういったモデルを使うときにはむしろ寝ている間にスマートウォッチを装着しておく必要があります。スマートウォッチを着けたまま寝るのが苦手だと言う方は覚悟しておきましょう。

こういったモデルが用意されている時点で、寝るときにスマートウォッチを外さなくても大丈夫だと言うことになります。

「睡眠測定がないモデルは大丈夫なの?」と思うかもしれません。筆者もそう思ったので、有名メーカー3社にお問い合わせしたところ、2社から「大丈夫」だとご回答を頂き、1社からは返信がなかったです。是非参考に。

寝るときにスマートウォッチを外す理由

筆者の個人的な感想になりますが、逆にスマートウォッチを外した方が良い理由も紹介します。

もしかするとすでに頭に浮かんでいる方もいるかもしれませんが、答えはシンプルで邪魔だからです。筆者は寝るときにタブレットを触るのですが、端末とスマートウォッチが触れてしまうのがすごく不快でした。

しかも筆者は解放感のため、寝るとき上半身裸になるタイプです。そんなタイプの人間にとっては重さや締め付け感が気になるものです。

さらに寝ているときに充電がしたかったと言うシーンも多かったのも理由の一つです。

このような理由から筆者は寝るときにスマートウォッチを外すようになりました。

スマートウォッチは睡眠測定機能がメインではなく、どちらかと言えばアウトドアシーンやファッションに役立つアイテムです。睡眠測定機能はとても便利ですが、こういった理由から泣く泣く寝るときに外しているのです。

人気スマートウォッチは睡眠計測搭載

スマートウォッチは「加速度センサー」「心拍センサー」を使って睡眠計測を行うのですが、人気モデルではほとんどが両センサーを搭載しています。
せっかく購入したスマートウォッチで、しかも睡眠計測が出来るのに使わないのはさすがにもったいないですよね。

もし寝るときにスマートウォッチを付けていても気にならないと言う方がいれば、是非睡眠計測を利用しましょう。
睡眠計測では「加速度センサー」「心拍センサー」を使います。自分が眠りについた時間、目が覚めた時間、レム睡眠が計測出来るので睡眠の質が分かります。

日々の睡眠をチェックして、より良い睡眠へと改善していくことが可能です。

重さが気になる場合は専用ウォッチを購入しよう

もしスマートウォッチの重さだけが原因で、寝るときにスマートウォッチを付けたくないと言う人で、出来れば睡眠計測を行いたいと言う方がいれば、最終手段として「睡眠用の軽量モデル」を別で購入しましょう。

筆者は、寝ながらスマートウォッチを付けるのが苦手だと言いましたが、月に何度かだけ睡眠計測を行っています。

しかも自分が持っているアップルウォッチやHUAWEI WATCHだとゴツゴツして嫌だったので、睡眠計測用に別モデルを購入しました。

睡眠計測だけ出来れば良いので、格安モデルで問題ありません。「加速度センサー」と「心拍センサー」の対応と、専用アプリがあればグッドです。

睡眠計測に対応した軽量格安スマートウォッチ

スマートウォッチは30~50グラムぐらいのものが多いです。それだと「寝るときに重い」と感じてしまうので、もっと軽量のモデルが理想です。睡眠用に買うので、5,000円を超えるような出費はしたくないですよね。その辺りの条件を満たしているモデルをピックアップしてみました。レビュー評価の高いモデルだけを取り上げています。

    格安モデル購入の注意点

  • レビュー評価をしっかり見る
  • ⇒格安モデルのほとんどが海外製品(主に中国産)です。当たりはずれが有るので、しっかりとレビュー評価をチェックして見極めましょう。

  • 睡眠計測の対応チェックする
  • ⇒睡眠計測に対応していなければ意味がありません。こちらもレビュー評価で専用アプリへの評価が書いてあると思うのでチェックしましょう。

  • 日本語の説明書があるかチェックする
  • ⇒同期方法など初期設定は日本語がないと少ししんどいです。商品説明やレビュー評価を見て日本語説明書があるかチェックしましょう。

まとめ

結論:寝るときにスマートウォッチは外してもよいですし、外さなくてもよいです。

外さないからといって健康に被害はありませんし、むしろ睡眠計測に対応していれば日々の睡眠の質を管理することが出来ます。

今回紹介したように、睡眠計測用に格安スマートウォッチを購入するのもアリだと思います。何気に寝ている間にメイン機を充電することが出来ると言うメリットもありますしね。

筆者も何年か前にメイン用と睡眠計測用の併用をはじめましたが、未だに現役で二刀流です。皆さんも是非試してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。